3月29日午後、公益社団全国自衛隊父兄会余市支部の懇親会に出席。

150329自衛隊父兄会余市支部3月29日午後、公益社団全国自衛隊父兄会余市支部第37回通常総会懇親会に出席。

中村裕之から「自民党は憲法改正草案を公表しており、自衛隊を国防軍としていく考えだ。Self-defence-forceでは国際的に自分自身を守るのか?と言われてしまう。やはりNational-defence-forceでなければ自衛官の誇りは守れない。それが国防軍という意味だ。今通常国会では、隙間の無い安全保障法制を行っていく。」とご挨拶申し上げた。

祝宴に入り海上自衛隊員から「代議士のお話しの通り、海外の部隊には、Japan-navyと言わなくては通じません。」と、賛意を伝えてくれた。

余市自衛隊父兄会は、常に活発に活動し、地域と自衛隊の架け橋の役割を果たして下さっており、有り難い限りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です