【動画】尖閣諸島問題、中国国土地理院地図を安倍総理へ提示 H27.3.24(No402)


3月24日午後、国際情報検討委員会の原田義昭委員長を先頭に、尖閣諸島が日本の領土と位置付けられている1969年に中国国土地理院発行の地図を持参し、領海侵犯等に万全の措置を講じるよう求める決議を安倍総理にお伝えするため、官邸へ伺った。

安倍総理からは「南シナ海では中国による岩礁の埋め立ても進んでおり、周辺国との連携も図っていく。中国の軍事費は27年連続二桁の伸びを示しており、日米同盟と中国との軍事バランスを考慮し、抑止力を働かせていく。」と、安全保障法制に理解を求めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です