3月17日朝8時、科学技術・イノベーション戦略調査会に出席。

150317科学技術イノベーション調査会3月17日朝8時、科学技術・イノベーション戦略調査会に出席。

東京大学大学院薬学系研究科特任教授 木村廣道先生と、大坂ガス松本毅オープン・イノベーション室長から講演を拝聴した。

以下、要約。

大学発ベンチャーを2000年以降進めているが、資金と人材が不足している。
企業もリーマンショック以来、人材も絞っており、クローズド・イノベーションでは遅れをとる。
オープン・イノベーションを推進し、「破壊的イノベーション」を起こしていく。
画期的イノベーション「破壊的イノベーション」は既存の技術を無用にする。
それには、しがらみが無いベンチャーでなければ成し得ない。
ベンチャーキャピタル等の資金源の活性化と、オープン・イノベーションの推進を更に推し進める必要がある。
と、語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です