内閣第二部会、総合エネルギー調査会に出席。

 内閣第二部会、総合エネルギー調査会で原子力発電施政立地地域の振興に関する特別措置法改正案について審査を行いました。
 佐藤ゆかり部会長から1月12日の関西電力の電力使用量は99%、四国電力では98%となり、エネルギーの安定供給は喫緊の課題となっている。
菅総理大臣はカーボンニュートラルを宣言しており発電源の多様性を確保する観点からもこの法律は重要であります。と、ご挨拶されました。
部会の了承を得て今後、自民党政調会、総務会を経て政府案にまとめられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です