北極フロンティア議員連盟で文部科学大臣へ政策提言。

北極フロンティア議員連盟で萩生田光一文部科学大臣に政策提言に伺った。
日本は南極研究には早くから取り組んできたが、北極については遅れをとっている。議員連盟ではこれまでも北極研究船の必要性を訴え、今年度で設計が終わり、令和3年度には建造に着手できる段階に入る。若手研究者育成にも必要な研究船の建造を行うよう提言させて頂いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です