小樽の昼カラオケで新型コロナ感染拡大。

小樽の昼カラオケで新型コロナ感染拡大。
感染を最小限で押えるため、25日、中村裕之から厚生労働省にクラスター対策班の派遣を依頼。
北海道に入っていた国立感染症研究所のクラスター対策班から2名が直ちに小樽へ来てくれた。
今日26日までに3店舗19人が陽性。
行政、医療、福祉等、あらゆるセクターが協力して感染拡大を防止を図る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です