自民党母子寡婦福祉対策議員連盟が開かれた。

ひとり親家庭に対する養育費の支払率がOECD35ヶ国で最低の24%であることを改善するため、母子寡婦福祉対策議員連盟が開かれた。
明石市では養育費の取決めがあるひとり親家庭への支払保証を行っており、取決めがあれば支払いを進める方法はある。
今後は、取決め促進対策が重要だ。
中村裕之から法務省に「離婚の際、法律の専門家に容易にアクセスできる仕組みづくりをすべき。」と、対応を求めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です