自民党税調で経済対策を議論。

自民党税調で経済対策を議論。 中村裕之から

1.全国民に10万円配ると政府は12兆円借入する。 つまり、政府が借金すると国民は豊かになる。 国民の立場で躊躇なく国債を発行して対策を打つべきだ。 全国民への現金給付。 中小企業や個人事業者、一般社団法人等への現金給付。  景気回復期の消費税ゼロ。 納税猶予を自粛期間が長引いた際は納税免除へ。

2.リーマンショックを超える可能性がある。という認識が間違い。 はるかに超えるという認識で、対策を繰り返し打つべき。 以上、全ては言えないが、仲間と分担し申し上げた。 今後も自民党が躊躇なく対策を講じるよう求めてゆく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です