医師養成過程から医師偏在を考える議員連盟で、加藤厚生労働大臣に要望。

中村裕之が是非とも成し遂げたいと活動してきた、医師養成過程から医師偏在を考える議員連盟で、加藤厚生労働大臣に要望。
CBT.OSCIを制度的に位置付け医師国家試験はこれらとの重複を避け、臨床に即した試験に変えることにより、現状試験勉強に費やされている医大6年生を臨床現場に送り出す。
医大生はスチューデントドクターと位置付け、可能な医療行為を定める。
卒後研修を切れ目なく行い、2年目には半年の地域医療研修を義務付ける。
厚生労働省も同様の方向性を検討中で参考にしていく。と加藤大臣からお話しを頂いた。
いよいよ大詰めに向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です