鶴見川多目的遊水地を視察。

国土交通委員会で日産スタジアムを含む鶴見川多目的遊水地を視察。

鶴見川が流量を越えた際に、遊水地で最大390万立米の水を貯め、氾濫を防ぐ総合治水対策だ。

日産スタジアムは高床式になっており、ラグビー日本代表対スコットランド戦も支障なく開催できた。

日本の総合治水事業の素晴らしさを実感した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です