政策集団「志公会」の若手議員と財務省職員との勉強会を開催。

麻生太郎財務大臣を会長とする政策集団「志公会」の若手議員と財務省職員との勉強会を開催。

世話人を代表して中村裕之から「日本の未来につながる意見交換をしていこう。」と、ご挨拶。

前回の勉強会で中村裕之が提案した通り「国民一人あたり840万円の借金」という表現を、財務省のHPから削除したことが明らかになった。
麻生財務大臣は「政府は国民から借りており国民は債権者だ。」と、答弁しており、HPの記述は矛盾する。
少しづつ成果が現れてきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です