土地改良予算要望のため財務省へ。

土地改良予算要望に自民党議員連盟の一員として中村裕之も財務省へ。

農村部に住み続けられる為には、安定した所得の確保と災害に強い地域づくりは絶対条件だ。

2025年には団塊の世代が75歳を越えるが、それまでに次世代が農業経営に従事できる環境を築かなくてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です