北海道ファシリティマネジメント協会の懇親会に出席。

一般社団法人北海道ファシリティマネジメント協会札幌五輪パラリンピック招致を応援する懇親会に出席しました。

その後の座談会で中村裕之から
五輪の直前に競技施設を建設するのでは駄目。
五輪ありきではなく冬季競技選手育成都市宣言を行い、競技場は早急に整備し、官民上げて選手の育成を行う。
そうすればメダルを期待できる札幌出身の選手が増えて五輪開催に対する市民の応援も増える。
五輪の直前に競技場を造るようでは、終わったら使用されない無駄な施設になってしまう。
札幌市出身の選手が目立っていない現状では五輪開催への市民の支持が上がらないのも当然だ。
と、意見を申し上げた。
早急に育成都市宣言をして、進めてほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です