日EU協会欧州交流セミナーにて齊藤余市市長ご講演。

北海道日仏協会、日EU協会欧州交流セミナーで齊藤啓輔余市町長がワインをテーマに講演した。

余市のワイナリーは30年ほど前にドイツのワインぶどうの苗木を導入しながら、生食用ぶどうも使用している特色あるワインだ。

北欧を中心に関心を持たれており、日EU・EPAを契機に輸出も視野に入れて、展開を模索している。

外務省欧州局に勤務していた齊藤町長だけに、来場者から期待の声が上がった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です