柴山体制での最後の省議が行われた。 

柴山 昌彦文部科学大臣が内閣改造で交代となり、柴山体制での最後の省議が行われた。 

誠実で前向きな柴山大臣のもとで大臣政務官を務めることができ、中村裕之にとっては貴重な経験をさせて頂いた。

柴山大臣から感謝の言葉を頂き、光栄の極みだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です