7月4日、別所哲也さんが中村裕之を訪ねて下さった。

俳優の別所哲也さんが中村裕之を訪ねて下さった。
別所さんは、20分前後のショートムービーの祭典を21年間続けてきており、文部科学省との連携を深めたいと申し出があった。
ショートショート映画祭はアカデミー賞への推薦枠を持つ、世界有数の映画祭だ。
中村裕之から、日本博の一貫に映画祭を加えて頂くことや、文部科学大臣賞を設けることなどを検討する旨お話しさせて頂いた。
余市高校出身の大川祥吾監督のお話しをすると、「水戸黄門Z」で賞をとった監督ですね。と、お話ししてくれた。
ネット配信の時代になり、少しの時間で楽しめるショート映画の需要は高まるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です