【動画】中村裕之国会報告 文部科学大臣政務官活動ダイジェスト R1.5.28(No620)

5月の連休明けから国会は衆参両院で各委員会が活発に開催され、中村文部科学政務官も多々答弁にたたせていただきました。 省内では千葉県野田市での小学4年生死亡事件を踏まえた児童虐待対策の手引きの作成や国立文化施設の利活用などに取り組み、教育・文化・スポーツ関係の大会やイベントでも省を代表し挨拶をさせていただきました。

【動画】中村裕之国会報告 文部科学大臣政務官活動ダイジェスト R1.5.28(No620)」への1件のフィードバック

  1. 「図書館友の会全国連絡会」監事 稲垣房子(大阪在住)と野口敬太郎(北九州在住)でございます。
    中村裕之議員には国会会期中、本会議、委員会などお忙しい中、私どもの資料を読んでいただきありがとうございました。また、秘書栗原巧様には説明を聞いてただきありがとうございます。
    先日も罪のない子どもに痛ましい事件が発生しました。中村議員は特に子ども達を取り巻く環境の整備に力を注いでおられるので、きっと心を痛めておられると存じます。
    地域の公共図書館や学校図書館の充実を願う私どもとしましては、お伝えしたいことは多いのですが、お持ちしました要望書の中で喫緊の課題は、いい市民サービスができるのは、公共図書館や学校図書館に、安定した正規雇用の専門職である司書が適切に配置されることだと考えています。雇用情勢の改善を地域でも訴えて参りますので、国政の大きなお立場からのご論議をお願いできれば幸いです。
     夕刻には浮島智子文部科学副大臣大臣にお会いして、副大臣の文化と読書にたいする深い思いを伺いました。その後、文部科学省図書館・学校図書館振興室の方と面談し、私どもの要望をお伝えし、振興室のお考えを伺いながら、討議をいたしました。文部科学省図書館・学校図書館振興室も新設の組織として、多いに期待しているところです。
    これからも北海道から九州までの本会会員は地元の図書館がよりよくなるよう、微力ながら努力をしてまいります。
    今後とも「図書館友の会全国連絡会」へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です