4月16日昼、自民党ハイヤータクシー議員連盟に出席。

自民党ハイヤータクシー議員連盟に出席。
川鍋会長から、タクシー営業ができない過疎地における自家用有償運送にタクシー事業者が協力する方向が政府から出されたことに感謝の言葉があった。
シェアリングエコノミーについては諸外国でも防犯や安全性に課題があることが明らかになり、日本がタクシー営業を堅持してきたことが適正な判断だ。
今後、自民党と業界が知恵を出し合い、更なる利用者利便の向上を図っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です