4月11日、中村が役割をもつ法案が進展しつつある。

衆議院本会議では高等教育支援法案やアイヌ新法が賛成多数で可決され、参議院に送られることとなった。
火曜日の幼児教育無償化法案の可決とともに、中村裕之が役割をもつ法案が進展しつつある。
夕方からは、有床診療所を応援する議員連盟29回会合に出席。
医療職の働き方改革を進める上での課題等について、医師会関係者からヒアリングし、厚生労働省から現状を聴取した。
激変緩和策を講じなければ、診療所の無床化が進む恐れがある。
議員連盟の一員として診療報酬等の課題に取り組んでいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です