北楡病院の小林先生から要望をいただきました。

池江璃花子さんの様に、全国で数多くの高校生が病気と闘っており、その多くが学びの機会を確保できていない現状を変えてやって欲しいと、北楡病院の小林先生から要望をいただきました。
小中学生と違って長期入院中に高校からの支援が全く無い。
病気と留年、退学で一層落ち込み、その後の人生にも大きな影響をおよぼすことから、遠隔授業等、ICTを活用した学びの機会確保を要望されました。
中村裕之として、最大限の努力をしていくことをお約束しました。

2019031001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です