2月22日、の地元から市町村長が上京し、石井国土交通大臣に要望。

中村裕之の地元から市町村長が上京し、石井国土交通大臣に、後志自動車道小樽JCTのフル化を実現するため、Cランプ整備の早期着工と開通を要望させて頂いた。
石井国土交通大臣からは、4月に着工し5年後を目途に開通させる予定だと、お話しを頂いた。
この整備により初めて、小樽運河観光と積丹観光やニセコエリア観光が高速道路で結ばれる。
前向きな返答をいただき、成果が見える要望活動となった。

20190222OtaruOCT2 20190222OtaruOCT1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です