1月24日、道東道の4車線化要望に同行。

20190124dou4syasennka高規格幹線道路を財政投融資を使って4車線化する政府方針を受けて、道庁や十勝地方の自治体が上京し、関係機関に要望活動を行った。
道東道の夕張〜清水間は、悪天候や事故による通行止めが頻発する区間であるとデータで示されており、4車線化が急がれる。
4車線化が必要な暫定2車線区間は、全国が38%に対し本道は75%であり、北海道の4車線化が大幅に遅れている。
開通した余市〜小樽間を将来4車線化するためにも、中村裕之も同行し、先ずは道東道の整備を推進するよう国に理解を求めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です