7月13日午前、道産ワイン懇談会の嶌村副会長と道と一緒に、斎藤農林水産大臣へ要望活動。

20180713wine2

20180713wine1

北海道ワインの地理的標示が国税庁に認められ、道内のワイナリーも生産に力を入れようとしている折り、ぶどうの苗木が不足している現状を解決しようと道産ワイン懇談会の嶌村副会長と道庁と斎藤農林水産大臣に要望活動を行った。
フランスからの苗木の輸入本数は農林水産省の検疫場が手狭なため、年間1300本が限度で万本単位のワイナリーの要望に全く届かない。
フランス国内で検疫し、合格品を輸入できるよう斎藤大臣に要望した。
2020年から輸入拡大できるよう取り組みを進めると、前向きな返事を頂戴した。

北海道のワインが世界に認められるよう力をあわせて努力していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です