5月11日、「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、記者発表を行った。

20180511NipponMirai中村裕之もメンバーとして参加してきた「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、本日、記者発表を行いました。
日本をデフレ経済に引き込み続けているプライマリーバランス黒字化を目標にした緊縮財政を改め、少なくともデフレ脱却するまでは消費税率upを凍結すべきだ。
デフレ脱却には総需要を拡大すべきであり消費税率upや緊縮財政は需要を減退させ、デフレに逆戻りする危険が大きい。
適切に財政を出動して経済を成長軌道に乗せ、国民の実質所得を上げて税収を増加させていく方が財政は健全化する。
そもそも日本は世界一の債権国でありデフォルトするはずなどない国だ。
誤ったプロパガンダによる財政政策を続けてこれ以上国民を貧困化する訳にはいかない。

国民を豊かにする政策に転換していこう!!

「日本の未来を考える勉強会 提言Ver.2をアップしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>