12月5日、水産関係団体決起大会。

水産関係団体決起大会予算編成に向けて憲政記念館で水産関係団体が決起大会を開催した。憲政記念館で開くのは初めてだ。この日の午後、中村裕之も団体の皆様と財務大臣室に要望に伺った。中村裕之から「大臣、漁師を大事にしないと国境監視は出来ません。」と申し上げた。選挙に勝ったのは北朝鮮のおかげと言った大臣だから、水産予算は手厚くなると期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です