11月27日夕方、自民党タクシー・ハイヤー議員連盟に出席。

171127タクシー議連 衆議院は予算委員会での議論が始まったが中村裕之は委員ではないので税制調査会等の党内議論に参加。

タクシー議員連盟では最近のタクシー業界の動きについて団体と国土交通省からお話を聞いた。首都圏では410円の初乗りが好評でチョイ乗り効果もあり利用も収益も好調だ。一方、空港等を拠点に中国人の白タクが問題となっている。安全確保の面からも違法行為を厳重に取り締まるよう求める意見が多数噴出。

中村裕之からは2020東京オリパラに向けユニバーサルタクシー(UDタクシー)を増車する予算確保を求めた。国は2020年迄に28000台に増やす目標を掲げているが、予算が追いつかず達成が難しくなっている。この点、札幌市も推進しており、今後も声をあげてゆく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>