6月27日、日EU・EPA交渉に関する北海道要請集会に参加した。

20170628EUEPA北海道の農業団体から、日EUEPAに対する懸念が示され、チーズや豚肉等の関税維持について要望を頂いた。EUから日本が輸入する7割の品目は無関税で、日本がEUに輸出する3割だけが無関税という不公平な状況からしても、日EU交渉で我が国政府がトータルで敗北するとは考えずらいが、犠牲になる分野が深く傷つくことは避けなければならない。
交渉権は政府にあり、中村裕之も与党の一員として政府に対し、輸入関税の維持を主張してゆく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です