6月15日昼、為公会にて。

20170615habatsu為公会例会で麻生太郎会長から

「私の記憶では預金保険法改正案等、過去に数回行った中間報告により、テロ等準備罪法案が可成立した。
今回は参議院法務委員会で維新の議員?の質疑が行われている最中に法務大臣問責決議案が提出され、野党が採決に応じる考えがないと明らかになったことから中間報告を行ったと聞いている。
すなわち議員の質問権を与党が奪ったのではなく野党が奪ったことによる対応だということだ。
この点は、よく整理しておきたい。

と述べられた。過去には参議院で19回、衆議院で4回の例があり、委員会採決が見込めない際等に行われている
ただ、議論により出来るだけ良い法律に仕上げていきたいと思う。
与野党双方に求められる姿勢だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>