12月15日午前中、自民党畜産・酪農小委員会で、加工原料乳補給金単価について、議論を交わした。

161215畜産・酪農小委員会12月15日午前11時、
自民党畜産・酪農小委員会で、加工原料乳補給金単価について、議論を交わした。

中村裕之から、
酪農家の離農が止まらない。
労働時間が長く、設備投資が大きい酪農は、黒字で後継者がいても離農の道を選ぶ方もいる。

安心して酪農経営ができるよう、10円以上の単価となるよう最後までの折衝をお願いする。
と、申し上げた。

良い結果を期待する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です