9月21日、自民党本部で、平成28年台風被害対策本部が開かれた。

160921平成28年台風被害対策本部① 9月21日、自民党本部で、平成28年台風被害対策本部が開かれた。

高橋はるみ北海道知事をはじめ、被災地の町長や経済団体から、万全の支援と早期復旧を求める切実な要望があった。

特に、農林水産被害対策、物流、観光、JRなどに対する支援が求められた。

160921平成28年台風被害対策本部②自民党本部二階幹事長と茂木政調会長から、「できることは何でもやる。大変な時こそ与党が責任を果たしていく。」
と、力強い回答があった。

国道274号は大きな被害となっており、早期復旧を求める要望が多数あり、国土交通省道路局も全力を尽くすと表明した。

被害総額2500億円を超える、かつて無い災害となっており、中村裕之も国土交通部会長代理として役割を果たしていく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です