【動画】稲田朋美政調会長 かきき克弘応援演説(小樽駅前) H28.7.4(No521)


6月4日午後、自民党本部から、稲田朋美政調会長が、かきき克弘候補の応援に駆けつけてくれた。
小樽駅前には400人の皆様のご参集を頂き、街頭演説を行うことができた。

かきき候補婦人から「主人をお願いします。」と、マイクを通して、お願いのご挨拶があった。
中村裕之からも「皆様のご支援で、かきき候補を3位に当選させて欲しい。」と、お願い申し上げた。
公明党の斎藤市議も、「全国比例区の横山信一とともに、かきき克弘候補の当選に向けて頑張りましょう!」と、ご挨拶を頂いた。

稲田朋美正調会長からは、
伊勢志摩サミットでG7の首脳と世界経済のリスクを共有した際、民進党は「消費増税延期の理由付けにサミットを利用した。」と、理不尽な批判を繰り返した。しかし、英国のEU離脱の投票結果を受けて、それが顕在化した。いったい、あの批判は何だったのでしょう!」と、野党の無責任さを批判し、更に、「参議院議員選挙で信を問うと言った以上、北海道では2議席取らせて頂きたい。その為には、かきき克弘候補に皆様の温かい支援が必要です!」と訴え、
雇用状況は改善し、これまでどの政権もしたことがない「政労使会議」を実施し、三年連続2%を越える賃上げも実現した。アベノミクスにより、中小企業も過去最高の決算状況であり、大企業向けの政策だと言う野党の指摘は当たらない。アベノミクスを更に加速することが、日本のため、地方のために必要だ。と、選挙後には、大型補正予算に着手することも明言した。

参議院議員選挙も、あと5日。かきき克弘候補の当選に向けて、最後まで頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です