6月22日、中村裕之は盟友であるかきき克弘候補の第一声に駆けつけた。

160622柿木第一声6月22日、第24回参議院議員選挙が公示された。

中村裕之は盟友である、かきき克弘候補の第一声に駆けつけた。

中村裕之から
野党はアベノミクスを失敗と決めつけ、「人への投資」と言っているが、子ども手当に代表される直接給付による社会主義的政策で、経済が成長する筈がない。

大企業だけが恩恵を受けていると主張するが、中小企業の決算も改善し、牽引役が生まれつつある。

160622柿木第一声②機関車が無い列車が走るはずもないことは、前の民主党政権で立証済みだ。

アベノミクスを推進することこそ、正しい経済政策であり、その果実で社会保障の充実を図る。

柿木克弘候補から
「北海道の地方が有する水・食料・エネルギーという資源を最大限に活かし、攻めの北海道を展開する。」と、支持を訴えた。

柿木克弘候補必勝に向けて全力を傾注する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です