6月27日朝、かきき克弘参院議員候補が寿都町・島牧村を遊説。

 

160627かきき遊説島牧②6月27日朝から
かきき克弘参議院議員候補遊説が寿都町から始まり、多くの方々の出迎えを受けた。

島牧村でも忙しい朝の時間に、皆様が集まって下さった。

中村裕之から
野党への一票は、島牧村民にとって無駄な一票だ。
地方の悩みを知り抜いた柿木候補に国政で働いてもらい、地方に合った予算や政策を勝ち取りましょう!と、かきき候補への投票を呼びかけた。

160627かきき遊説島牧①かきき候補からは
179市町村が家族だ。それぞれが頑張っている。
そして魅力ある産品を持っている。
食料やエネルギーに恵まれた北海道の資源を最大限活用していく。
地方の資源を総動員して攻めの北海道を展開し、日本を牽引する北海道にしていきたい。と、意気込みを述べ、支援を訴えた。

島牧を後にし、四区内の遊説は無事終了。

あとは我々が支援の輪を広げ、票を掘り起こすだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です