6月20日夕方から、札幌市内で「かきき克弘総決起大会」に出席。

160621かきき克弘総決起大会6月20日夕方から
札幌パークホテルで開かれた、かきき克弘総決起大会に出席。

谷垣幹事長から、

全国に地方組織がある。 その自民党の良さを活かすことが大切だ。

かきき克弘さんは、そのイメージにぴったりの青年だ。

友党公明党の横山信一さんにも勝って貰わなければならない。

アベノミクスの継続が参議院選挙の争点だ。

アベノミクスで有効求人倍率は大幅に改善し、中小企業の決算も良くなってきた。
しかし、個人消費が伸びない。何故だ。

老後、人口減少等の不安があるかもしれない。
これからは、成長のエネルギーを持つ地域を増やしていく。

例えば観光、農業を成長させ、2020年食料輸出を1兆円にしていく。

東京に次いで、札幌でも五輪・パラ輪を開催したいと聞いている。実現に向けて努力していく。

人工頭脳を活用し経済が発展し、その果実を遣い、子育てしやすく教育をしっかりし、仕事をしたい人が活躍できる社会を築いていく。

民主党は何故失敗したか?

政権交代を目的にし、政権奪取後に、どのように何をするかを明確に決めていなかったからだ。

私は、共産党と組んだ岡田党首を惜しみます。

これからやっていかなければならない大切な事は、アジア太平洋地域の平和を、どのように守るのかを米国と徹底的に話し合いをしていかなければならないと考えている。

先ずは、かきき克弘さんと横山信一さんを勝たしてやって下さい。
と、ご挨拶された。

高橋はるみ知事からも

地方の政策に幅広く精通している、かきき克弘さんを宜しくお願いします。
と、ご挨拶された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です