6月17日、 麻生太郎財務大臣を迎え、自民党北海道四区支部総決起大会を開催。

6月17日、 麻生太郎財務大臣を講師に迎え、自民党北海道第四選挙区支部総決起大会を開催させて頂いた。

高橋はるみ知事、稲津久公明党北海道代表、鈴木貴子新党大地副代表にお越しいただき、参議院選挙の必勝に向けて、全力を尽くそうと誓いあった。

道議会時代の盟友である柿木克弘さんと、横山信一さん、共和〜余市道路の新規事業化に力を貸して下さった足立としゆきさんらへの支援をご参加の皆様に呼びかけた。

16061174区支部総決起①麻生太郎大臣からは

以下、要約。

日本国民の金融資産は1700兆円あり、企業の内部留保はこの3年で、50兆円増えた。

これらを遣う環境を創っていく。

今、地方発の産業革命が始まり、スパコン京の10倍の計算速度を持つ小型のスパコンが、来年には実用化されようとしている。

16061174区支部総決起②やはり日本はモノづくりだ。

皆で協力してモノづくりやることだ。

安倍政権は、必ず日本をデフレから脱却させる。

皆さんの力で、自民党に参議院の過半数を取らせて頂きたい。

と、お話しされた。

さあ、頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です