JR銭函駅バリアフリー化が5月24日に正式に決まった。

地元から強い要望があった、JR銭函駅バリアフリー化が
5月24日に正式に決まった。

銭函駅は一日の利用が5000人あり、国土交通省の3000人以上の駅でバリアフリー化を推進するという方針に合致することから、中松前小樽市長と協議して取り組んできただけに、中村裕之としても責任を果たし、心から嬉しく感じている。

地元意見の取りまとめに尽力して下さった、酒井たかゆき小樽市議会議員をはじめ、関係者のご努力に感謝申し上げる。

JR銭函駅バリアフリー化が5月24日に正式に決まった。」への1件のフィードバック

  1. 銭函駅のバリアフリーって中松前市長の公約になかったですが、本気で取り組んでいたとは思えないのですが。

    中村さんは実際にどんな働きかけをしてきたのですか?

    具体的に誰と会って、誰と交渉して、お金を引き出したんでしょう?

    動いていたことが見えませんし、
    以前は必要ないと言っていたという話も聞きましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>