4月8日夕方、参院議員候補予定者「かきき克弘さんと明日の小樽を語る会」が開かれた。

160408かきき克弘小樽を語る会4月8日夕方から、自民党小樽支部主催で、参議院議員候補予定者「かきき克弘さんと明日の小樽を語る会」が開かれた。

来賓として高橋知事も駆けつけ、北海道飲酒運転撲滅条例の制定等、かきき克弘さんの道議会での活躍を紹介し、激励の言葉を頂いた。

中村裕之も、道議会でともに活動してきた同志であり、かきき克弘さんが老老介護や高齢者虐待、子供のイジメ防止等の政策に取り組んできたことを皆様にお話しさせて頂いた。

かきき克弘さんは
子宮けいがんワクチン定期接種被害者救済に取り組んでいることや、小樽の日本遺産登録に尽力する意気込み等を語り、会場から多くの拍手を受けていた。

徐々に支援か広がっているようだが、いまだに北海道全域にお邪魔するに至ってないため、知名度不足は否めない。

皆様のご支援をお願い申し上げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です