4月7日午後、衆議院原子力問題調査特別委員会で質問に立った。

4月7日、午前中三時間の総務委員会法案審査、午後には160407原子力問題調査特別員会で三時間の一般質疑があった。

中村裕之は午後の二番手で質問に立ち、原子力規制委員会田中委員長に、適合性審査の信頼性の確保と審査体制の充実強化策について質した。

規制委員会は現在、26基の原発と20ヶ所の原子力施設の審査案件を抱えており、100人の専門家が一機当り700回を越えるヒアリングを行っている。

毎年30~40人の退職者がいる状況を考慮すれば、退職年齢の引き上げや処遇改善等により、人材の確保は急務だ。

全国にある原発には使用済み燃料がピットに保管されており、地震等の際の安全性の確認等は早急に行う必要がある。

福島第一発電所事故前は、事故は起きない安全神話だったことを反省し、現在は事故が起きても過酷事故にならない対策も含め審査を行っている。

安全を第一に議論をさせて頂いた。

4月7日午後、衆議院原子力問題調査特別委員会で質問に立った。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【動画】国会質問フルバージョン H28.4.7 原子力問題調査特別委員会 | 中村裕之オフィシャルWEBサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>