【動画】高規格道路倶知安~共和間の新規事業化御礼ご挨拶周り H28.4.5(No508)


4月5日、高規格道路倶知安~共和間の新規事業化を決定頂いたお礼に、後志総合開発期成会役員の市町村長の皆様が訪れ、中村裕之も国土交通省と財務省に同行した。

国土交通省では、津島淳大臣政務官に時間をとって頂き、お礼を申し上げるとともに、最近の倶知安ニセコエリアの状況を報告させて頂いた。

折しも地価調査で倶知安町ヒラフ地区が地価上昇率全国一位となり、海外からの投資も集まっていることから、事業化の説得力も高まったところだ。

加えて、再びの札幌冬季五輪パラ輪を開催が決まれば、ノルディックスキーは、ニセコエリアを競技場にすると、札幌市が発表したところだ。

高規格道路倶知安~共和、延長11.5km、事業費420億円は、間違いなく外国人観光客6000万人、GDP600兆円という政府目標に貢献する投資になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です