3月13日午前10時、第83回自由民主党大会が開会。

160313自民党大会①3月13日、第83回自民党大会。

東日本大震災犠牲者の皆様への黙祷、元SPEEDの今井えりこさん(写真1番目)の国家斉唱で開会。

来賓挨拶、基調講演、優秀党員表彰(写真2番目)、総裁挨拶、今夏の参議院選挙の公認候補予定者の紹介と続き、最後に18歳・19歳の青年党員のガンバロー三唱(写真3番目)で式典を閉会。その後、懇親会に移行し総裁との撮影会(写真4番目)を行われ、盛会の中閉会した。

以下、安倍晋三総裁挨拶(記憶による要約)

国民の信頼あっての自民党だ

5年前の3月11日発生した東日本大震災によって、命を落とされた全ての人々に、哀悼のまことを捧げます

160313自民党大会②震災発生後、被災地に入り、遅々として進まない復興に、野党になったことを被災地の皆様に申し訳ないと痛切に感じました。

政権が戻ってから
高台移転は75%が造成完了
災害公営住宅は来春には85%が完成する
港の復旧はほぼ終了し、生業の再生も進んでいます
しかし、今なお原子力災害に苦しんでいる皆様がいる。
仮説住宅で暮らす方々がいる。
我々は、そうした方々にに寄り添いながら、心身のケアにも全力を尽くして参ります

世界経済が大きく変化する中で、野党はアヘノミクスは失敗だと決めつけようとしています
これまで続いたデフレ経済によって失われた50兆円のうち、私達は40兆円を取り戻し、あと一年で、残りの10億円も取り戻せます

160313自民党大会③有効求人倍率1を越える都府県は、安倍政権発足時に4都県だった
今は、36都道府県で越えました
課題だった正規雇用も26万人正規雇用が増え、非正規雇用の増加を上回りました
最低賃金は3年連続で大幅に引き上げ、パートの方々の収入も増えました
雇用を増やし、収入を増やすのがアヘノミクスであります
日本のノーベル賞受賞者は、地方大学出身者が多い
これは日本の特徴だ。地方には、まだまだ力がある。
地方には世界に誇る農林水産業がある。
農林水産業を守る!
その約束は必ず守ります

160313自民党大会⑥戦後1600万人いた農家は今は200万人になった
農業経営者の平均年齢も65歳を越えた
今、日本の農林水産物輸出は7,000万円となりました
輸出目標1兆円を前倒し実現して参ります
現在の豊かな暮らしは先の大戦での300万人余の犠牲のうえにあります
安全保障の議論は常に国論を二分する
日米安保、PKO法案を振り返っても、
戦争に向かうのか?
徴兵制になるのか?
といった無責任な議論が起こりました
この夏の選挙で、民主党は共産党と選挙協力し、平和安定法制を廃案にしようと主張していますが、元々、共産党の主張は日米同盟の破棄であります
我が国が攻められてから
「抑止力が大切だと知らなかった。」

と言っても、遅いのであります。
この夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳になります
私達は、平和で豊かな日本を責任を持って若い世代に引き継いでいかなくてはなりません。

若い皆様に責任を持てるのは自民党だ

皆さん、自公対民共の選択です

今後の日本を
自公に任せてもらえるのか?
民共に任せることは有ってはならない!

4月の北海道5区の補欠選挙をかわきりに、

 

勝利を目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です