3月11日、国立劇場で東日本大震災五周年追悼式典に出席。

3月11日、国立劇場で東日本大震災五周年追悼式典に出席。

天皇皇后両陛下のご参列を仰ぎ、安倍総理の式辞、天皇陛下のお言葉、被災地代表のお言葉があり、厳粛な式典だった。

被災地代表の方々からは、家族が発見されていない辛さや、あの日、ああしていれば良かったという後悔の気持ちが無くならないことが伝わってきた。

大震災の際に支援を頂いた世界各国の代表も、今年も献花をして下さった。

国家として、被災地の皆様が早期に普通の生活を取り戻せるよう、最大の努力が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です