2月3日朝8時、自民党国土交通部会に出席。

2月3日朝8時、自民党国土交通部会に出席。20160204国土交通部会

新たな広域地方計画の検討状況について、国土交通省から説明を

拝聴した。法律上、北海道と沖縄県を除く地域計画について

国土交通省から説明を聴取した。

出席議員から、各地域計画に対する意見が出され、
中村裕之から
地方創生では自治体に対し地方版総合戦略をKPIを示すよう促しているが、国が作成する計画にはこれから10年でいくら予算を投入し、何km整備をするのか示さないのはおかしい。

いつ高速道路が繋がるか判らない地方は、手探りでの総合戦略策定を余儀なくされている。
計画的な投資や整備は国としても必要なことで、鬼怒川決壊を受けて河川堤防の強化が必要な延長も示されており、老朽化対策等も計画的に推進すべきだ。と、意見を申し上げた。
国土交通省から、意見を踏まえた対応を検討する旨、答えがあった。

続いてスキーツアーバス事故が議題となり、
軽井沢スキー事故を起こしたバス会社の許可を取消すことや、ツアーバスに対する緊急路上抜き打ち検査を行った結果、96台の内45台に何らかの法令違反があった。
と、報告があった。

中村裕之から
二度目の監査で法令違反が確認された場合、運行停止させる等の厳しい対応が必要だと申し上げた。

ツアーバスの安全確保のため、引き続き協議をしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です