【動画】20日午後から党北海道総合振興特委、夕方は国土審議会北海道開発分科会に出席。H28.1.20(No489)


1月20日午後、北海道総合振興特別委員会に出席。

補正予算も含め、平成28年度北海道開発予算について、国土交通省から報告を聴取。補正予算ではTPP対策や防災事業を中心に、818億円、当初予算では5417億円が北海道開発予算に計上された。

山谷副知事から大樹~広尾、倶知安~共和の高規格自動車道路2路線の新規事業化を求める発言があり、中村裕之からも事業化を求めた。

夕方からは国土交通省本省で開催された、国土審議会北海道開発分科会に委員として出席。

北海道総合開発計画の第8期計画の策定に向けて、有識者会議やパートナーシップ会議を重ね、取りまとめをした案を国土交通省北海道局から説明を聴取し、委員として意見を申し上げた。

中村裕之からは、北極海航路への積極的関与や、丘珠空港を中心にした地方空港の活用や札幌五輪・パラ輪を念頭に、国際スポーツイベントの誘致等の表現を入れ込むべき等の意見を申し上げた。

北海道が日本に貢献し、国民に感謝される地になるよう提言を続けていく。

【動画】20日午後から党北海道総合振興特委、夕方は国土審議会北海道開発分科会に出席。H28.1.20(No489)」への2件のフィードバック

  1. 中村先生、いつも地元のために頑張っていただきありがとうございます。
    いつも先生のブロクを拝見して、応援しております。

    高規格道路の新規事業採択時評価手続きの着手が来月の下旬に行われると思います。
    あと少し,もうひと踏ん張りですね。
    ニセコエリアは毎年、観光客が増えているので、この地域には高規格道路が必要です。
    また、狭い峠をバスが通ると事故などの心配もあります。先日の軽井沢のバス事故などです。
    高規格道路になると事故の確率も減ると思います。
    着手していただけることを願っております。

    近年、北海道開発予算は全盛期よりも少なくなっておりますので、おそらく新規事業化は2~3年に一度だと思います。今年で2年目なので大事な時期ですね。
    また、予算の問題で二箇所を同時に新規事業化も難しいのではないかと思っております。
    今後、大樹~広尾道路の新規事業化もあるため、なんとしても倶知安~共和は今年度に事業化してほしいと個人的には思っております。

    応援しております。
    今後共、頑張ってください。
    失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>