1月20日朝8時半から、国土交通部会、レクを挟んで正午から港湾議員連盟総会に出席

201601201月20日朝8時半から、国土交通部会、午前中のレクを挟んで正午から港湾議員連盟総会に出席

朝の国土交通部会では、軽井沢スキーバス事故について、被害者の皆様へ黙祷を捧げた後、報告を聴取。

議員から、
構造的問題と受け止めるべき
参入規制は緩和したが安全規制は緩和していない
安全管理が不適切な業者を退場させる仕組みがないことが問題だ

国土交通省から
規制緩和では需給調整を無くした
と、発言があり、供給過剰時に過度な価格競争を呼び、安全確保が軽んじられる。
今後の委員会議論の焦点になってくるところだ。

港湾議員連盟では
国土交通省から予算編成について報告。

平成27年度補正予算
169億円(前年補正予算対比100億円増)
ゼロ国債301億円

平成28年度予算
2428億円
前年比1.0013%を確保することができた。

平成27年には、全国で112万人のクルーズ船によるインバウンドを受け入れることができた。
と、国土交通省から報告があり
全国の港湾関係団体、自治体の代表から感謝の言葉を頂いた。

補正予算が今日午前に成立したので、適正な予算執行を求めていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です