12月7日午前中は札幌刑務支所、午後は都内で木材会館や豊洲地区を視察。

12月7日午前中、札幌刑務支所に自民党刑務所出所者支援特命委員会の視察で伺った。

平成21年に改築された支所の敷地には、平成26年に札幌刑務所も改築され、全国的に老朽化が進むなかで、恵まれた施設だ。

151207木材会館女性ばかり400名余りが支所で受刑しているが、その44%が覚醒剤、30%余りが窃盗だそうで、全国的に再犯率が上がり、高齢化も進んでいるそうだ。

午後、上京し、自民党国土交通部会の都内視察に合流。

秋本司国土交通部会長の地元の江東区で、全国木材組合木材会館を視察させて頂いた。

7階のホールは26mの梁が圧倒的な存在感を示し、感動的だ。

丁度、夕暮れの時間帯で、左隅には富士山が見えた。

151207新木場からの景色その後、豊洲を車窓から視察。

来年11月にオーブンする豊洲市場建設工事も最盛期のようだ。

江東区では五輪で8種目程の競技が開催される。

タワーマンションも3棟建設されるそうだ。

まだまだ東京一極集中は続きそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です