【動画】北海道ブロック両院議員会議 知事、道議会、経済団体からの要望会 H27.10.15(No459)


10月15日、高橋はるみ北海道知事をはじめ、北海道議会、経済団体の皆様が上京し、TPP国内対策と公共事業を中心に補正予算を求める要望を頂いた。

知事からは「牛肉等は16年かけて関税率を下げていくため、長期の対策が必要であることや、北海道農業が地域ごとに多様であることから、説明会も各地で開催して欲しい。」と、要望があった。

また、公共事業の減少が北海道経済に水をさしていることから、補正予算の編成を求める声が、経済団体からもあげられた。

北海道議会村田議員会長からは橋梁老朽化対策を強く求める等、発言があった。

中村裕之から「TPP対策が長期に及ぶことから、法的根拠が必要だ。日本版TAA法案を政府に求めていくべきだ。また、補正予算の必要性も訴えていく。」と、申し上げた。

国会閉会後も役割を果たしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です