9月5日午後には、村田のりとし道議会議員 後志政経セミナーに出席。

150905村田憲俊セミナー9月5日午後には、岩内高原ホテルで開かれた、盟友 村田のりとし道議会議員 後志政経セミナーに出席。

北海道経済連合会大内全会長が講演。

以下、要約。

北海道への外国人観光客の増加著しい。
第8期北海道総合開発計画を策定しているが、強みを活かさなくてはならない。

明治の初め、人口53000人だった北海道が、150年間で550万人になった。

ところが今や、人口減少社会を迎えている。

このままでは2040年には420万人になる。
札幌圏の人口は全体の34%から41%になる。

強みの食と観光で勝負していく。
北海道の農業は1兆円、漁業は2500億円生産している。
ナマコやニシン等の栽培漁業で輸出に打って出る。

世界の人口は、今の70億人から100億人に増える。
オランダは食料輸出8兆円。
シンガポールに日本食の料理店が沢山出店し、ラーメン2000円、メロン10000円で売っている。
北海道経済連合会のビルにあるフード特区機構と輸出に取り組んでいく。
北海道から1300億円を輸出していきたい。
来道外国人は平成15年の29万人から平成25年115万人へ増加した。
国際化に取り残されると発展から取り残される。
生産のコストダウンの為にも安価で安定したエネルギー供給が必要だ。
福島事故により電気料金が3割UPした。
中国には原発が11基あり、現在18基建設中だ。
泊原発の安全性を確認できれば、再稼働に理解を頂きたい。

と、語った。

懇親会では、中村裕之からご盛会と議員会長就任のお祝いを申し上げた。

高橋はるみ知事も駆け付け、意義あるセミナーだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です