7月12日・13日、自民党水産部会でさけます流し網漁業禁止の状況調査のため根室へ

150713根室さけます対策調査①7月12日午後の便で、釧路空港にフライトし、一路根室市に。

21時前に到着し、根室市議会議員との懇談会に合流。

ロシア200海里海域内サケ・マス流し網漁禁止を受けての対策について、現地調査に自民党水産部会から派遣されたのだ。

13日は、根室市長をはじめ、漁協や水産加工の団体との意見交換会を行い、終了後、水産加工やトラック協会、ガソリン、木箱、商店街等の関係企業を訪ね、影響や対策について意見を聴取した。

今回のロシアによる流し網禁止措置により、紅鮭は採れなくなる。

トラウトやチリ産なら消費地に近い方が、加工業も有利だ。150713根室さけます対策調査②

代替漁業が無ければ、5月から7月に船員を雇用できなくなり、秋のサンマ時期にも影響が出る。

サケマスは北海道で10億尾、本州で7億尾の稚魚を放流しているが、これまで6000tを水揚げしていた根室地域に、来年から全く揚がらなくなる。

漁業、加工業、運輸業、雇用、消費等、流し網漁のサケマス資源を前提に築いてきた地域の産業に、甚大な影響を与える。

地域の衰退を食い止めるよう、万全な対応が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です