6月9日午後、自民党水産部会に出席。

150610suisan 6月9日午後、自民党水産部会に出席。これまで検討を続けてきた、資源管理WGの取りまとめ案を審議し、原案了承となった。

科学的根拠に基づく資源調査を行い、地域の実情に合わせて公的管理・自主的管理を適切に行ていくという結論だ。

その後、韓国による水産物輸入規制と、ロシアによる流し網禁止措置について、水産庁から状況をヒアリング。

水産庁や外務省も、相手国に要請を行ってきたが、未だ厳しい状況だと説明があった。

ロシア国会が近々に流し網禁止措置に踏みきる模様であり、それを覆すすべも見当たらない。

一方、水産物輸出を増やすために、卸売市場で輸出手続きをワンストップで行えるようにしていく。国際的な衛生基準に適合する水産加工施設整備も推進していく必要がある。

今後の議論も注視していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です