令和3年度予算が衆議院を通過。

令和3年度予算が衆議院を通過し年度内成立が確実になりました。
正午からは行政改革推進本部にリモートで出席。
わいせつ教員や保育士が、子どもたちに接する職業に再び就けない制度を構築するため、各省横断で協議しました。

週末、小樽市内の商店街の皆様と情報交換会を行いました。

外国人観光客が来なくなり国内客もマバラになる厳しい現状をお聞きしましたが、そんな中でも前向きなお話しも聞くことができました。中村裕之から、政府の各種支援策の資料をお示しし、概要説明を行いました。朝が来ない夜はない。ワクチン摂取が順次拡大され、先ずは国内客が動き出すことが期待されます。

小樽JCT〜余市間が事故や悪天候で通行止めの際、札幌〜小樽行きバス等は小樽までの本線が通行可能にもかかわらず、銭函ICで一般国道に降ろされていました。

NEXCOが全国初のリモート操作によるバルーン遮断機を設置し、問題が解決しました。中央バスの方から要望されていた件が解決し、ホッとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=rFzee_X2MDQ&feature=share&fbclid=IwAR1qNDCJ3cxUuUV3sHfBCrDgrbSYdzJ741QkD_owom0VUrymunLeSb1_q7I

ニトリさんやコープ札幌などの寄付講座が北大に開設されます。

北海道のワイン産業の発展に寄与することを確信します。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210226/7000031137.html?fbclid=IwAR1V7neCT_6SBOtREm_clRHh2ILMCeGpgX1eemjwiD1ZUVuK6-JXYQlDjnU